抜け毛の分類

抜け毛をチェックして薄毛の進行具合を把握しよう
MENU

頭皮環境がわかる!抜け毛の分類(図解入り)

上のイメージ図は、育毛環境が悪化による抜け毛の状態です。右から順にどんどん悪化し、左にいくほど早急なケアが必要になってきます。

 

毛は毛穴の中で育てられているので、目でパッと見えやすい表面上の頭皮を見るよりも、毛穴の内部にあった抜け毛をチェックするほうが薄毛の進行状態がわかりやすいのです。

 

抜け毛が多いからといって、必要以上に神経質になったり不安になったりする必要はありません。むしろ、抜けている本数が少なくても想像以上に進行しているケースのほうが厄介です。パッと見だけで「まだまだ大丈夫」と安心せずに、どのような毛が抜けているかと分析し、ケア方法を考えましょう。

 

同じく、「抜け毛の本数が少ないから」といって安心なわけではありません。以前は毛量が多かったのに、最近やたらと少なくなったと感じるなら要注意です。慢性化して勢いがなくなり本数が少なくなってしまうケースも多いからです。

 

大切なのは、「抜け毛を阻止する」ケアではなく、「毛穴の中の育毛環境を改善する」ケアです。老化して弱ってしまっている頭皮や毛穴の環境を健康状態まで回復させることができれば、しだいに育毛環境が整って危険な抜け毛は少なくなっていくのです。

関連ページ

育毛剤が効かない?試験室の効果は実際の効果は違います!
宣伝されている効果について勘違いしている人のために
頭皮が臭い!その原因と正しいシャンプー選び
頭皮にニオイのある人が増えている現状
こんな抜け毛は要注意!薄毛の原因となる危ない抜け毛の見極め方!
注意すべき抜け毛の見分け方について
育毛のプラスとマイナス
育毛に取り組むにあたっての基本的な考え方
発毛と育毛、どう違う?
発毛と育毛は実はまったく同じ?
育毛に失敗しやすい人の4つの特徴
薄毛が改善しない人に多い特徴をまとめてみました
このページの先頭へ
YouTube