試験と実践の効果の違いについて

宣伝されている効果について勘違いしている人のために
MENU

育毛剤が効かない?試験室の効果は実際の効果は違います!

育毛剤など多くの商品は、試験室での研究データをもとに商品化されていて、あたかもものすごく毛が生えてきる、フサフサになるようなイメージを持たせるような宣伝で売られています。

 

試験室では「いかに効果があるか」の方向でデータが作られ、そのデータをもとに商品を売るための紹介ページが作られて、宣伝してお客さんにアピールしているわけです。

 

見たことがある方もいると思いますが、きちんとしたメーカーでは、化粧品でも”in vitro(試験管内)”なのか、”in vivo(生体内)”なのかを明確に示していますし、もちろん配合率のパーセンテージも表記されています。育毛剤に関しても、試験管での試験データなのか、実際の頭皮で試した臨床データなのかをしっかり示しているわけです。

 

また、「話題の成分○○を高配合!」などと主成分の効果を大げさに謳っているケースも多いのですが、それは成分の効果であって、その商品の効果ではないということ。

 

化粧品の成分表示は義務付けられていますが、配合パーセントの表示は義務付けられていないので、例えば本当に微量なプラセンタを配合しているだけでも、話題のプラセンタ配合!と言えるのです。もっと厳密に言えば、「何%くらい配合しなければ効果がないか」ということも明示されていて、成分の品質によっても効果は大きく変わってきます。

 

とくに自然由来の成分は、生産地や採集時期、部位や精製法などでもその効果はまったく変わってきます。価格もコストに比例して高くなるので、同じ成分でもこっちの商品は安いのに、あっちの商品は倍の値段がする、ということが起こってくるわけですね。

 

成分の効果をそのままその商品の効果と信じ込んでしまい、残念な結果にがっかりする人が多いのはこのためです。

関連ページ

頭皮が臭い!その原因と正しいシャンプー選び
頭皮にニオイのある人が増えている現状
こんな抜け毛は要注意!薄毛の原因となる危ない抜け毛の見極め方!
注意すべき抜け毛の見分け方について
頭皮環境がわかる!抜け毛の分類(図解入り)
抜け毛をチェックして薄毛の進行具合を把握しよう
育毛のプラスとマイナス
育毛に取り組むにあたっての基本的な考え方
発毛と育毛、どう違う?
発毛と育毛は実はまったく同じ?
育毛に失敗しやすい人の4つの特徴
薄毛が改善しない人に多い特徴をまとめてみました
このページの先頭へ
YouTube