頭皮の臭いの原因と対策

頭皮にニオイのある人が増えている現状
MENU

頭皮が臭い!その原因と正しいシャンプー選び

昔は毎日お風呂に入らないために頭皮がクサイという人は多かったと思いますが、今はおそらく毎日お風呂に入ってちゃんとシャンプーで洗っているのに髪や頭が臭うという人は多いと思います。

 

多くの場合それは、常在菌の異常繁殖が原因です。常在菌の種類により古い油のようなニオイや、酸っぱいニオイ、排泄物のようなニオイなどさまざまですが、実のところ本人は気づいていないケースも多く、「毎日お風呂にちゃんと入ってるしシャンプーもしているから大丈夫」と思っている人も多いのです。

 

この常在菌、もちろんもともと誰でも持っているものですが、その性質上、酸素を非常に嫌います。通常なら健康な毛穴にわずかながら住んでいる程度ですが、毛穴の中が酸欠状態になるとどんどん繁殖してしまうわけです。

 

顔のニキビ菌と同じで皮脂を資源としている菌で、ちょっと小難しい専門的なところにはなりますが、リバーゼという酵素を分泌して皮脂を分解し、その低次の脂肪酸の酸化によって細胞が刺激を受け、炎症を引き起こしたりします。

 

毛穴の中の異常や菌の繁殖を抑える脂肪酸などの低下が原因となって、通常なら繁殖しない菌なのに、住みやすい繁殖しやすい環境になってしまうわけです。

 

具体的に言うと、毎日私たちがしているシャンプーで、髪や頭皮は清潔にはなっていも、逆に洗い過ぎにおってこの異常繁殖を引き起こしてしまいます。洗い過ぎによって角化が起こり、皮膚を保護している皮脂膜が不完全になって防御力が低下していくため、常在菌が繁殖して頭皮環境を変えていってしまいます。

 

そのためにも、自分に合った頭皮用のスカルプシャンプーを選び、正しい方法できっちり洗うことが大事なんですね。

関連ページ

育毛剤が効かない?試験室の効果は実際の効果は違います!
宣伝されている効果について勘違いしている人のために
こんな抜け毛は要注意!薄毛の原因となる危ない抜け毛の見極め方!
注意すべき抜け毛の見分け方について
頭皮環境がわかる!抜け毛の分類(図解入り)
抜け毛をチェックして薄毛の進行具合を把握しよう
育毛のプラスとマイナス
育毛に取り組むにあたっての基本的な考え方
発毛と育毛、どう違う?
発毛と育毛は実はまったく同じ?
育毛に失敗しやすい人の4つの特徴
薄毛が改善しない人に多い特徴をまとめてみました
このページの先頭へ
YouTube