育毛に対する一般的な誤解

育毛の誤解をなくして正しい認識を持つために
MENU

育毛は「ハゲをフサフサにする」んじゃない!

「育毛」という言葉の意味を、誤解している人が多いようです。「育毛=ツルツルがフサフサになる」と考えている人も未だに多く、育毛手段に関しても、「育毛剤は効果がない」「手遅れだ」などと、否定的な意見もよく耳にします。

 

実際のところ、それは半分正解で、半分は不正解。
とくに育毛剤に関しては、その育毛剤が効かないのではなく、頭皮環境が育毛剤が効く環境にないケースも多くみられます。

 

また、薄毛が進行してからではなくて「毛が細くならないように保つ」「髪を豊かに保つ」という予防の育毛なら、簡単に、しかもコストもそれほどかけずにできるのです。

 

ほとんどの薄毛はいきなり薄くなるのではなく、何年も前から実はジワジワやってきていて、やがて症状となってハッキリと現れます。まずは見えない部分からゆっくりと静かに進行していき、やがて目に見える形になってから認識するようになると、私たちは「急に薄くなってきた!」と錯覚してしまうわけですね。

 

この潜伏期間とも言える「薄毛の兆候」を事前に見つけることができれば、ほとんどの薄毛は簡単にその進行を止めることができるし、改善もできます。とくに女性の薄毛の場合なんかはなおさらです。

 

ようは、予防ケアと改善ケアでは、必要な労力もコストも期間もまったく違ってくるわけです。わかりやすいように数字で言うならば、予防ケアから始めれば改善ケアからはじめるより10倍簡単です。

 

「育毛」というのは基本的には予防医学です。

 

薄毛になってから膨大な費用をかけて改善に取り組むよりも、早期発見できちんと予防ケアをすれば改善できるので、どちらを選ぶかは自由ですが、わざわざいばらの道を好んで行く人は少ないはず。

 

目に見えなくても頭皮では薄毛が進行しているケースは非常に多いので、その段階で適切な予防法に取り組むことをオススメします。

 

予防ケアのための薄毛兆候チェックはこちら

関連ページ

薄毛・はげ人口が増えている理由とは?
薄毛や細毛の人口は年々増えている原因について
根本的な原因を突き止めることこそ「薄毛対策」の第一歩!
薄毛対策に万能なアイテムはない!シャンプーや育毛剤を購入する前に
魔法の育毛剤、薄毛の万能薬をお探しの方へ
育毛剤に関する認識の違い
薄毛で悩む方のストレスとの付き合い方
ストレスが原因の薄毛って…果たして本当?
職業からみる薄毛の要因
管理人の育毛に関するコラム、薄毛で悩む方に向けてのメッセージなど
このページの先頭へ
YouTube