薄毛と職業的な要因

管理人の育毛に関するコラム、薄毛で悩む方に向けてのメッセージなど
MENU

職業からみる薄毛の要因

生活環境によって、薄毛になる確率や改善率も変わってきます。

 

ということは、成人男性が1日のほとんどの時間を費やしている「お仕事」、つまり職種によっても、ある程度薄毛に関係しているわけです。

 

  • 長時間PCと向かい合う仕事

エコノミークラス症候群という、飛行機に長時間座ったまま乗っている人におこる症状がありますが、これと同じような状態が長時間椅子に座ってパソコンと向かい合っている人にも起こります。血流が抑制されて、体のバランスに影響を与えます。

  • 営業職、看護師、介護士など

気を使いストレスがたまる仕事、ノルマに追われ精神的負担が大きい仕事、夜勤などで生活リズムが不規則な仕事、人の命に関わるような職種、などは、気の休まる暇が少ないため、食事の傾向や体のバランスを保つのが難しく、薄毛になりやすい職業ともいえます。

  • 無気力に仕事をしている人、生活が乱れている人

楽しく積極的に仕事をしている人とは対照的に、なんとなく生活のために仕事をしている人、無気力な生活を続けている人も薄毛になりやすい傾向にあり、しかも改善も難しいそうです。また、生活の乱れ、夜更かし、タバコ、暴飲暴食、なども育毛環境には確実にマイナスです。

 

あくまでもほんの一例ですが、仕事というのものは一日の時間のうちほとんど割合を占める環境です。「職業柄ならしょうがないかな」と割り切れる方は別ですが、どんな職業についていても、ある程度、育毛環境を悪くしないために意識して自分なりに工夫することが、改善率やスピードにも影響してくるわけです。

 

何度も言いますが、育毛はいくらプラスになるケアをしていても、総合的にみてマイナス要素の方が多ければ薄毛は改善されず、それどころか悪化してしまいます。

 

プラスの努力ができる人は多いのですが、マイナスに目を向ける人が少ないのは残念ですし、もったいなすぎます。できるだけ普段から意識して、マイナスの要素を減らす努力をしましょう。

関連ページ

薄毛・はげ人口が増えている理由とは?
薄毛や細毛の人口は年々増えている原因について
根本的な原因を突き止めることこそ「薄毛対策」の第一歩!
薄毛対策に万能なアイテムはない!シャンプーや育毛剤を購入する前に
育毛は「ハゲをフサフサにする」んじゃない!
育毛の誤解をなくして正しい認識を持つために
魔法の育毛剤、薄毛の万能薬をお探しの方へ
育毛剤に関する認識の違い
薄毛で悩む方のストレスとの付き合い方
ストレスが原因の薄毛って…果たして本当?
このページの先頭へ
YouTube