育毛剤の効果が実感できない理由

どんな育毛剤でも使い方が悪ければ効果はない!
MENU

育毛剤の効果が実感できない…最大の原因とは?

今や昔よりもかなり薄毛で悩む人口が増えて、それにしたがって女性向けのものも含め「育毛剤」を使う人がかなり増えています。

 

メーカーの宣伝では、「驚異的な」「○○でこんなデータが」「○○%の人が実感」などなどその効果をアピールし、使ってみようかなと思わせる内容になっていますよね。

 

でも実際のところは、そこまで「効果があった」「この育毛剤を使ったらここまで良くなった」というような話はあまり聞きません。どちらかというと「効果がない」というような口コミが多く、育毛剤の効き目に関しては否定的な人も多いと思います。

 

じゃあ、育毛剤は効果がないの?

 

結論から言ってしまうと、育毛剤は効果があります。その効果に大小はありますが、本来そもそも育毛剤は効くように処方されていますからね。

 

では、なぜ効果がないといった口コミが多いのか?それは、「効くように使っていない」からです。もっと言ってしまえば、「効果を期待できるような頭皮環境にないのに、ただ結果を求めて無駄使いしている」状態だと言えます。

 

ローションタイプの外用薬は即効性がありますが、保護力はほとんどありません。頭皮を保護したり補修したりする作用もないので、効果の持続時間が短いのが特徴です。

 

つまり育毛剤は、「育毛剤が効く状態の頭皮」にしてから使わないといけないということ。どんな頭皮環境でも確実に効き目が出るということはありえません。

 

このように、育毛剤が効かないのではなく、育毛剤の使い方が間違っている人がほとんどなんです。

 

また、育毛剤には予防用と改善用があり、目的に合わせて選ぶ必要もあるので注意しましょう。例えば、すでに薄毛がかなり進行しているのに、予防用の育毛剤を使い続けても効果が得られないのは当然です。

 

症状や脱毛部位によっても、原因が違ってくるわけですから、もちろん効く育毛剤も変わってきます。一つの育毛剤でなんでもかんでも解決できるわけはないので、「薄毛には育毛剤」という安易な考えは持たないほうがいいでしょう。

 

まずは自分の症状をしっかりと把握し、使う育毛剤を決める。そして、「育毛剤が効く状態」まで頭皮環境を整えることから始めましょう。

関連ページ

使い方で大きな差が出る!育毛剤6つのマズイ使い方
薄毛予防・改善のための育毛剤選びや効果的な使い方など
育毛剤が効かないと嘆く人に共通する5つのミス!
育毛剤の効果が得られない5つの理由とは?
このページの先頭へ
YouTube