育毛剤で薄毛改善

薄毛予防・改善のための育毛剤選びや効果的な使い方など
MENU

使い方で大きな差が出る!育毛剤6つのマズイ使い方

詐欺的な商品や粗悪な商品を除けば、基本的に育毛剤というのは効果があるように作られています。

 

にもかかわらず、「効かない」「効果が出ない」のは育毛剤そのものが悪いのではなく、「効かない原因」があるってことです。

 

  • 症状に合ってない育毛剤を使っている
  • 育毛剤が効く頭皮環境にない
  • 使い方が間違ってる
  • 使う量や回数が適切ではない
  • 慣れや波による効果の低下や停滞
  • 根本的な薄毛の原因を解決できていない

 

ネットで育毛に効くシャンプーだとか、驚異的に効く育毛剤とか、思わず欲しくなってしまうような宣伝を見て、その効果に頼る育毛をしている人は多いですが(私も過去はそうでした)、そうした商品の効果に頼る育毛の効果は限界があります。改善率も低いです。

 

育毛剤は選び方や使い方によって大きな差がでますが、そうした育毛剤の効果だけに頼らず、シャンプーや食事、生活環境などその他もろもろのケアを組み立てながら、自分にあう育毛剤を選びのがポイントなんですね。

関連ページ

育毛剤の効果が実感できない…最大の原因とは?
どんな育毛剤でも使い方が悪ければ効果はない!
育毛剤が効かないと嘆く人に共通する5つのミス!
育毛剤の効果が得られない5つの理由とは?
このページの先頭へ
YouTube