ダメなシャンプー方法 間違った髪の洗い方

間違えた髪の洗い方を続けることで、薄毛がさらに進行してしまうハメに
MENU

1分でチェック!薄毛を悪化させる8つの髪の洗い方

髪の毛を濡らして、シャンプーを手に取り、髪につけて泡立て、髪を洗い、すすぐ。

 

ほとんどの人は毎日、無意識的にこのように髪の毛を洗っていると思います。しかし、残念ながらこれでは頭皮の老化を早め、育毛環境を悪化させてしまうことに。

 

また、すでに薄毛の兆候のある人や頭皮に炎症がある人なら、薄毛の進行を早めることにもなってしまいます。それほどシャンプーの使い方は大事なのです。

 

あなたはいくつ当てはまる?

次の8項目のうち、あなたはいくつ当てはまるでしょうか?
チェックしてみてください。

  • シャンプー前に髪しか予洗いしていない(頭皮は洗っていない)
  • 泡立ちが欲しいのでシャンプーは大量に使う
  • 爪でひっかいたり強い力でゴシゴシ洗っている
  • 指が頭皮に届いておらず髪だけを全体的に洗っている
  • 髪の毛の生えぎを意識的に洗ったことがない
  • すすぎは泡がなくなる程度で済ます
  • ドライヤーを使わない(濡れた髪は自然乾燥している)

 

いかがでしょうか?
どれも薄毛予防や薄毛改善にはNGの項目ばかりです。

 

薄毛予防をしている人は、一つでも当てはまる項目をなくしていきましょう。すでに症状が出ていて薄毛を改善させたいと取り組んでいる人は、当てはまる項目はゼロであって欲しいのですが、もしも当てはまってしまった場合は今すぐに改善しましょう。

炎症や脂漏性のある頭皮は、症状に合わせて適切な洗い方が変わってきますので注意が必要です。

関連ページ

勘違い多数!「育毛に効くシャンプー」は存在しない?
薄毛対策用シャンプーに関する大きな誤解とは
薄毛予防・改善になるシャンプーのやり方とは?
間違ったシャンプーでは薄毛予防にはなりません
適正審査!シャンプー選び4つのパターン!
自分に合ったシャンプーを選ぶことこそ大事
リンス、コンディショナーは必要ない?
シャンプーとリンスやコンディショナーはセットだと勘違いしている方へ
本当は怖いシャンプーの界面活性剤
界面活性剤の真実を知ればシャンプーに手を抜くこともなくなる!
このページの先頭へ
YouTube