シャンプーの界面活性剤の影響・副作用

界面活性剤の真実を知ればシャンプーに手を抜くこともなくなる!
MENU

本当は怖いシャンプーの界面活性剤

当サイトでは何度も「界面活性剤」という言葉が出てきていると思うのですが、そもそも界面活性剤って何?という方のために簡単に説明しておこうと思います。

 

界面活性剤とは、界面(表面)に働いて界面の性質を変える物質のことを言います。

 

例えば、水と油は混じり合わないもの、ということはわかりますよね?この 混じり合わない水と油の間に界面が存在しているわけですが、この界面に働いて界面の性質を変え、水と油を混じり合わせることができるのが、界面活性剤と言われる物質です。

 

あなたの身近なところにも

シャンプーの主剤には、界面活性剤と呼ばれる洗浄成分が使われています。シャンプーだけでなく、リンスやトリートメント、コンディショナーなどのヘアケア剤にもこれは配合されています。

 

界面活性剤はコストも安く効果の高い成分なので、ヘアケアのみならず私たちの身の回りの商品や食品にも広く使われている、本当に身近なものなんですね。

 

「1リットルの水にたった一滴の界面活性剤を入れるだけで、クローバーの種は発芽しない」
「奇形の魚や野鳥の卵にも界面活性剤の影響が出ている」

 

これらは一般的にも言われている界面活性剤の怖い話のほんの一部です。

 

もちろんここで界面活性剤の本当のことをお話している目的は、恐怖心を植え付けたいからではありません。育毛のためにちゃんと本当のことを知っておいて欲しいだけです。

 

私がしつこくシャンプーの弊害を忠告しているのは、この界面活性剤が主剤のシャンプーで毎日洗っている人がほとんどだからです。

 

よく効く育毛剤を探すよりまずは、シャンプー選びと正しい使い方に力を注いだ方が薄毛予防・改善には役立つでしょう。

関連ページ

勘違い多数!「育毛に効くシャンプー」は存在しない?
薄毛対策用シャンプーに関する大きな誤解とは
薄毛予防・改善になるシャンプーのやり方とは?
間違ったシャンプーでは薄毛予防にはなりません
適正審査!シャンプー選び4つのパターン!
自分に合ったシャンプーを選ぶことこそ大事
1分でチェック!薄毛を悪化させる8つの髪の洗い方
間違えた髪の洗い方を続けることで、薄毛がさらに進行してしまうハメに
リンス、コンディショナーは必要ない?
シャンプーとリンスやコンディショナーはセットだと勘違いしている方へ
このページの先頭へ
YouTube