育毛 薄毛 シャンプー 効果

薄毛対策用シャンプーに関する大きな誤解とは
MENU

勘違い多数!「育毛に効くシャンプー」は存在しない?

まず言っておきたいのは、髪にとってプラスのシャンプーなんて存在しません。どんな高級シャンプーでも漢方のようなシャンプーでも、全部マイナスです。

 

つまり、「使えば薄毛が良くなる・改善されるシャンプー」なんてないのです。シャンプーメーカーが宣伝している、「髪や頭皮にやさしい」とか「食物由来」などを信じて使っても、思うような効果は期待できません。

 

「刺激がない」や「頭皮に優しい」ことと、「髪が回復する」ことは別である、ということをしっかりと冷静に見つめ直す必要があります。

 

そもそも考えてみてください。

 

なぜどのシャンプーにも「丁寧にすすいでください」と書いてあるのか?よくすすがないで髪や頭皮にシャンプーが残ってしまうと危険だから、「よくすすいでください」なわけです。

 

シャンプーは「使用感」が良くないと売れないので、メーカーは使用感の良いシャンプーを作っています。売るためです。しかし、良い感触が残るということは、シャンプーが残っている証拠ですし、シャンプーが残るということは界面活性剤が残っているということです。

 

どんなに低刺激で優しいシャンプーでも残留させたらマイナスであって、髪や頭皮の育毛環境は悪化していき、次第に毛はが細くなって寿命も短くなり、薄毛は進行していきます。

 

シャンプーは「マイナスを極力減らす正しい使い方」を知り、しっかりと継続させていくことが何よりも重要です。

関連ページ

薄毛予防・改善になるシャンプーのやり方とは?
間違ったシャンプーでは薄毛予防にはなりません
適正審査!シャンプー選び4つのパターン!
自分に合ったシャンプーを選ぶことこそ大事
1分でチェック!薄毛を悪化させる8つの髪の洗い方
間違えた髪の洗い方を続けることで、薄毛がさらに進行してしまうハメに
リンス、コンディショナーは必要ない?
シャンプーとリンスやコンディショナーはセットだと勘違いしている方へ
本当は怖いシャンプーの界面活性剤
界面活性剤の真実を知ればシャンプーに手を抜くこともなくなる!
このページの先頭へ
YouTube