女性のAGA(男性型脱毛)

女性でAGA(男性型脱毛)と診断された方は要注意
MENU

女性のAGA(男性型脱毛)は大嘘?薄毛が悪化する可能性も

薄毛で悩む女性が、病院や育毛サロンなどで「AGA(男性型脱毛)」と診断され、手当てを続けたにもかかわらず治らないどころかますます悪化してしまうケースが多々あります。

 

悪化の原因はもちろん、抜け毛が多く髪が薄くなった女性を「女性のAGA(男性型脱毛)」と判断して、男性型脱毛症と同じケアを続けさせているからです。このように、私たちから見れば”プロ”の診断でもこういった間違った方向に行ってしまうのは非常に怖いことですよね。皮脂が多いとか生理に変化もないごく普通の女性でも、こういったいわば「誤診」をされることが多々あるのです。

 

初めに言っておきますが、男性と女性の薄毛の原因は異なります。

 

女性が男性の薄毛と同じケアをすれば、悪化する可能性は高いのです。極端な話でいうと、アドバイザーの方のなかには汗と皮脂を混同しているケースも多く、汗なのに皮脂が多いと勘違いされ、脱脂力の強いシャンプーやクレンジングを使わせて、頭皮の環境を破壊してしまっているわけです。

 

女性は本来、男性に比べて皮脂が少なく防御力も弱い人が多いにも関わらず、皮脂が多い男性並みのケアを続けていると、最初はわからなくても次第に防御力は低下して、シャンプーなどの界面活性剤で皮下までおかされることになり、薄毛はどんどん進行していきます。

 

女性の薄毛は男性の薄毛とは別物と考え、女性用の正しいケアをすることが大事です。

関連ページ

女性の薄毛が急増している背景に潜む、エセ専門家の影
女性の薄毛にが増加している原因、正しい対策など
女性の薄毛の原因はシャンプーにある!
女性の薄毛の原因について
ヘアカラーが与える薄毛への影響
カラーリングによる女性の薄毛進行
このページの先頭へ
YouTube