女性の薄毛を進行させるシャンプーの影響

女性の薄毛の原因について
MENU

女性の薄毛の原因はシャンプーにある!

現在ではあまり知られていませんが、実は一昔前までは女性で薄毛になるという人は非常に少なかったと言われています。学会などでも「珍しい症例」として発表されていたくらいでした。

 

ところが今や女性のうち「5人に1人の割合で薄毛を気にしている」と言われるほど、薄毛で悩む方が増え続けています。

 

女性の薄毛が増えた原因としてまず考えられるのが、シャンプーです。ほとんどの女性が毎日使っているシャンプーが、なぜ薄毛人口を増やしているのかと疑問に思う方もいると思いますが、ここでハッキリさせておきましょう。

 

シャンプーというものは、「使い方に注意しなければ危ない」ものなのです。どんなシャンプーでも、使い方を間違えれば薄毛になる可能性があります。

 

さらに、アレルギー体質や頭皮など肌が弱い人ほど、薄毛になる可能性は高くなります。髪の長い女性はとくに、香りや指通りの良いシャンプーをたっぷり使って髪を洗う人が多いと思いますが、頭皮や毛穴は綺麗に洗えていない人が多く、これまた髪が長いことですすぎも不十分となり頭皮や毛穴に界面活性剤を残留させてしまっている人が多いわけです。

 

「とはいっても、少量の残留ならダメージなんてほとんどないハズ!」と思う方もいると思いますが、塵も積もればなんとやら。わからない程度だからこそ、自覚がない分怖いこともあります。

 

毎日のシャンプーによって蓄積されたダメージが、髪を傷め細くしていき、紙の寿命を縮め、ボリュームをなくし、やがて薄毛になりどんどん地肌が見えるようになっていくわけです。

関連ページ

注意!女性がAGA(男性型脱毛)になるという誤診
女性でAGA(男性型脱毛)と診断された方は要注意
女性の薄毛が急増している背景に潜む、エセ専門家の影
女性の薄毛にが増加している原因、正しい対策など
ヘアカラーが与える薄毛への影響
カラーリングによる女性の薄毛進行
このページの先頭へ
YouTube